2017.1.19 三重県尾鷲市
梶賀
小潮 14.8℃ -
2017年、初陣です。
今年に入り、何度か予定をしたものの、天候不良や体調不良などで今日まで遅れました。

朝の気温は7℃とやや高めで海は凪。これは釣れるでしょう?!
ところが朝からシトシト雨が降っての予定外。
ここ梶賀の磯は、ただでさえ滑り易くて大変なのに、この雨で釣り場が限られて来ます。

船長の指示で『ドンビのハナレ』に乗ったものの、高い場所に足場が悪く上がれません。
仕方無く、低い方で釣りを開始するもたまにエサが齧られる程度。
満潮に近づくに水道からの波を気にしながら頑張ります。

しかし、この後も何も起こらず弁当船到着。
船長と相談の結果、磯変わり。
磯を変わることは、ほとんど無いんですが仕方ない。

で、今度は大きく場所を変えてオベラ方面に移動。
ボラなんかが海中に見えて少し魚っ気有るのかな?

まあ、結果から言うとエサを取られることは一度も無かったです。
持ってる全てを出したんですが、足らなかったようですわ。
エサ取りすら釣れない『完全試合達成』です。

オオナベで2枚釣った方が、今日の船宿釣果の全て。
エライ日に来てしまったものだ。(笑)
まあ、これ以下の釣果は無いから後は上がるだけです!

207.1.25 三重県南伊勢町
相賀浦
中潮 14.8℃ 口太 25-33cm 6匹
さあて、前回の完全試合から脱出出来るかな?
今回はシバちゃんのホーム相賀浦『なぎさ丸渡船』さんにお邪魔です。
シバちゃん、mogeさんとのマッチング釣行です。

磯のコーディネイトはシバちゃんに任せて、mogeさんがビシャゴ、シバちゃんはテンラク、そして私はトラフグハナレと渡っていきます。
みんなで一緒に竿出しするのも楽しいですが、バラバラに乗って最後に答え合わせするのも、ひと味有って楽しいですね。

乗って一発目はお約束のフグから始まり、案の定、針がすぐにピカピカになって行きます。
が、前回よりも魚っ気が有って何とかなりそう。

何度か打ち直してると25cmクラスがポツポツ食い出します。
水温が下がってる割に浅いタナで食って来たり、深く入れ込んでから食って来たりとタナはバラバラ。
本島に乗ってる他船のお客さんが集魚剤を使用してる加減も有りそうですね。

沖目ではその効果なのか30cmまでのサイズが食ってきますが、目指すは40オーバー。
際を念入りにやってみるものの、フグばっかり・・・。
やっぱり意外に沖目で浮いてるのかも知れません。

沖目の深いところまで入れ込んで狙い出したところで風が強くなってきました。
時期特有とはいえ、やっぱり風はいけませんね。
時折、体毎持って行かれそうな強風が邪魔します。

強弱を繰り返すものの、潮は干潮までは動いてたので時合いが来ればと期待したんですが、大型は出ず。
もう少し風が弱かったらもっとじっくり出来たのになあとは思いますが、こればっかりは仕方ないですね。
小型では有りますが、前回よりは確実に上向きました。
引きを味わえたのが幸いです。

mogeさんちはフグまみれでダメだったらしいですが、シバちゃんちはここと良く似た釣果だったようです。
産卵の大型が入ってくるのはもうちょっと先になるんでしょうかね?

毎年、大型が顔を見せてくれる磯なのでこれからが本番!ってところでしょうか。

2017.3.8 三重県尾鷲市
梶賀
長潮 15.2℃ 口太 33-41cm 10匹
前回の梶賀では完全試合をしでかしてしまったので、今回は気合入れて頑張ります。
天気予報は冬に逆戻りの日になるとかで心してましたが、日中は日差しのおかげで快適な日となりました。
駐車場がガラガラだったんんで状況を心配しましたが、船長が状況は上向き!って言ってくれたんでホッと。

いつもは泊り客優先の『小鼻』に今回は渡磯。
小鼻に乗るのはホント久しぶり。
船長に一通りアドバイスをもらって釣り開始。

潮は大鼻向きに強弱を付けながら良い感じに流れてます。
モーニングを期待してたら・・・来ました!勢い良くとはいかないまでも良いウキ入れです。
上がって来たのは30オーバーの白っぽい口太。白子だしてたので♂ですね。

これで前回よりは良くなった。(笑)
ポツポツですが、こんな調子で30オーバーばかりが釣れて来ます。さすが小鼻です。
後は40アップですね。

9:00くらいになると一瞬ですが、潮が逆に流れます。
仕掛けを入れるポイントを変えて再開。
するとモターとウキが入り止まります。エサ取りかと思いながらも少し仕掛けを張るとロッドを絞り込みます。
重量感十分な引きで右の根にいっきに走る。
何とか動きをロッドで溜めて魚が止まったところでやり取り開始。
やっとこさでタモ入れ・・・やった、40アップだ!!
これで完全に前回を超えた!嬉しい。

写真を撮ってる間に潮はまた元通りに大鼻向きへと。
ちょっと他の場所もやってみようと場所を変更。
でも、やっぱり元の場所が良いみたいでイガミやウツボと魚は釣れるものの外道。

元の場所に戻ったところでボラを掛けちゃいました。
60オーバーのビッグなやつなんで場を荒らしちゃったですね。
今までいたボラはおろかすっかり魚っ気が無くなっちゃいました。

ここから2時間ほど最後まで何にも釣れなくなりました。
エサ取りだけが元気。

後半失速で残念でしたが、久々に竿も曲がって楽しく出来ました。
天候に恵まれたのが何より。
次回もこんな天気で有って欲しいな。(笑)

2017.4.13 三重県南伊勢町
古和浦
大潮 15.9℃ 尾長30cmクラス
チヌ 40cm
イガミなど
今日は釣友のmogeさんと古和浦。
なんとなく前日にメールしたら行こうと思ってたらしく合流となりました。

休みの周期と古和浦の渡船店の数が減ったおかげでばっちり同じ周期。
なので今回も『オジマ』まわりです。
平日だからオジマに行けるかな?と思ってましたが、さすがオジマです。常連さん3名が渡磯。
仕方なく、二人で『鮫島』前回と同じ。

前回、強烈なバラシを味わってるのでリベンジを兼ねて良いかな?と。

朝は大潮の満潮でチャカ場でmogeさんと並んで竿出し。
二人掛かりなら何とかなるでしょ。

ところが、海の雰囲気は素晴らしいのに魚っ気が無いです。
元気なのはチヌの使者のみ。前回より規模が大きくなってます。
この使者だけは釣りたくないと思ってましたが、途中沖を狙った時に掛けちゃいました、残念!

今日は不思議な日で口太が1匹も釣れませんでした。
尾長、チヌ、イガミ、アイゴ、カワハギなど磯の有名どころは顔を出してくれたのにマダイ、口太が顔を出してくれませんでした。

チヌは良い引きをみせてくれて、口太っぽい引きで楽しませてくれました。
引きがチヌっぽくなくて、口太が釣れなかったからグレの代わりをしてくれたのかな?(笑)

途中、バチバチバチっと糸当たりを出してくれた良型尾長のmogeさんは満足してたようです。
自分はひそかに真鯛を狙ってたのでオジマに行きたかったなあ。
まあ、ここでも出るから残念でした。

来月に入ると半夜が始まるところが出てくると思うので今年は半夜にでも行ってみようかな?
帰ってからの後片付けが夜ってのが引っ掛かるけど・・・。

2017.4.25 三重県南伊勢町
奈屋浦
大潮 ??℃ モイカ
1.5-1.8kg 4杯
500g以下 2杯
今日は釣友のタカヤくんと奈屋浦。
自分が釣りに集中したいので、今日は船長付きの船エギングです。
久しぶりなので前情報も何も無くて釣れてるんでしょうか?
朝、船頭さんに話を聞くとヤエンでチラホラってくらいしか釣れて無いらしい。
おまけに海に出ると春の菜っ葉潮に濁りは入ってるし玉砕覚悟の出船です。

朝は東の風で東側のワンドを中心に流して行きますが、天気が下りに入るのでウネリが予想以上にデカイ。
残念ながら沖には出れそうも無いです。大潮の下げ時間なので時間と共に沖に出たいのに出れないとは条件悪いなあ。

苦戦を覚悟してた割に8:30までに小型ながら二人仲良く2杯づつキャッチ。
顔見れたら良いなあ〜ぐらいにしか考えてなかったので良い感じ。

ここからは下げの潮とウネリと東から南に変わった風との戦い。
船頭さんも一生懸命操船してくれてます。
東側でキロアップを1杯釣り上げ、このまま調子良く行くかと思いきやなかなか手ごわい。

覚悟を決めて西側に移動。
ウネリと風で釣り難いものの、船頭さんと呼吸を合わせて釣りは出来そう。
そんな甲斐あってキロアップを1.8kg頭に3杯追加!

ウネリが有って底取りが難しいんですが、きっちり出来てステイ出来れば抱いてくるって感じですかね?!
海底もウネリの影響が有るらしく、ステイしてても浮き上がるみたく思いのほか根掛かりはしません。

そんな感じでポツポツ拾いながら二人でつ抜けを達成!
こんなに釣れるなんて思ってなかったので、良い意味の予想外。
『今日は顔見れれば良しか』くらいの気持ちの方が良いんですかね。
欲をかくとダメって事か!(笑)

2017.5.1 三重県南伊勢町
奈屋浦
中潮 ??℃ -
今前回の釣果を聞いたオスキさんからのお誘いで奈屋浦でしたが、残念ながら完全試合を演じてしまいました。
多分、奈屋浦でこの結果は初めてだと思います。
状況的には前回を上回って、釣れる感じは満載だったんですけどね。
このままでは終われないので、往生際悪くリベンジしたいと思います。

2017.5.7 三重県志摩市 中潮 17.5℃ 真鯛
ガシラ
アカハタ
ホウキハタ
本日は延び延びになってたカトちゃん、ナオジーさんとのボート釣行。
前回の完全試合を払拭出来るチャンス!!と気合を入れての釣行です。

ところが・・・出船前にある出来事が・・・。
海の様子を覗きに行ったその時、チャポーン ユラユラと海中に白い物体が静かに沈んで行きます。
一瞬でそれが自分のスマホだと気づきます。が、どうしようもなく。

テンションは下がったまま、同船者も居る事なので出船。
気分はもう釣りどころでは無いです。

干潮時間帯にボート屋さんが、夫婦喧嘩しながらもスマホを救ってくれたと途中に連絡が入り嬉しくなりました。
動かなくてもカードに入ってる分でも使えたらね。
まあ、結局動きはしませんでしたが、カードの中身は復活出来たのが幸いです。有難う御座いました。

肝心の釣りの方は、ナオジーさんが乗っ込みのマダイをゲット!
何とかマダイの顔が見れて良かったです。

カトちゃんは、随分苦しんでた様なので釣果の方は黙っておきましょう。

朝から西の強風が吹き苦しみましたが、お昼前にはベタ凪、午後からは南西の強風と目まぐるしい変化の中、頑張りました。
ギリギリまで釣りをしたのは初めてかな?

こんな気分の中、良く頑張ったと思います(笑)

207.6.17 静岡県南伊豆町
石廊崎
小潮 19.5℃ 口太
イサキ
久しぶりの南伊豆遠征。今回はオスキさん、カトちゃん、ナオジーさん、タカヤくんの総勢5名。
22時にこちらを出発し、3時過ぎにサバルに到着。梢さんに御挨拶して石廊崎に向かいます。
あっ今回は残念ながら、丹羽さんは遠征のため会えなかったです。

ナライの強風が予想されるので、釣り人も多く磯変えなんてできないでしょうから、一日ゆっくり出来る場所が良いですね。
で船長の選択は『鵜の根』と『小赤島』
鵜の根に自分とカトちゃん、小赤島に残り3名で渡磯です。

朝からナライの強風が吹いてるので西向きしか出来ません。
沖向きをやりたいけど仕方無いなあ。

様子を見がてら磯際を狙うとイサキ。まずは本命から釣れて幸先良い。
ところが続かないんですよね。小型の尾長なんかが食うんですが、イサキが・・・。
釣れた場所にカトちゃんに入ってもらって続行するもカトちゃんには本命来ず。
イスやらサンちゃんやらアイゴまで・・・外道の三種が揃い踏み。

沖はと言うと、沖にあるシモリが狙いんですが、あまり近づきすぎるとオセンの嵐。
ウキ入れが良いので本命みたい(笑)
その手前までで勝負したいんですが、食わないですね〜
目視出来る所まで魚は浮いてないみたい。反応の有るタナは結構深めでした。

途中、小赤島にも連絡入れるとあちらはポツポツ釣れて楽しんでるみたいで一安心。
こっちだけが反応悪いみたいです。

今日は風に悩まされましたが、最後まで安全に釣りが出来て取り敢えずみんな魚の顔が見れて良かったです。
5名も集まるなんて久しぶりなんで楽しかったです。
今回は別々の磯だったし、最後の答え合わせがまた良いですね。

沖上がり後にはタカヤくんとエギングにも出掛け、夕食には釣った魚も食べ〜ので楽しい一日を過ごせました。

ナオジーさんも一発飛ばされ、僕も2発飛ばされ、妄想を膨らませれる魚にも出会ったし、何より事故も無く釣りが出来たのが一番。

次回、秋か来春にはまた来たいなあ
2017.6.30 三重県尾鷲市
梶賀
小潮 22.0℃ 口太
イサキ
チヌ
イガミ
今日は梅雨の合間を縫って梶賀に・・・って予報外れの大雨でした。
嫌がらせのように行きと帰りだけ雨が上がってやんの。

本日の磯は『ソコブ?』
サラシも有って良さそうです。たまにウネリが上がって来るので潮が上げてきたら一段上からじゃないとダメかな。
足元にはエサ取りの姿は見えないですが、針がガチガチされてるからフグ系が居るのかも。

今度は沖の潮目に直接入れてみると・・・ドーン!
体ごと引っ張られます!『アカン!止まらん』何度も何度もグゥーン!グゥーン!
一度も巻く事も出来ず糸を出され・・・ハリス切れ。そのハリスはもうザラザラ。
いやあ、良い引きだったなあ・・・負け惜しみ(笑)

ハリスの号数を上げて再開するもその後は音沙汰無し。
ハリスを戻して今度は足元を狙います。

何か変な当たり。
やっぱりイガミでしたか。

このあたりから雨が激しくなって来て、おまけに雷まで。
流石に雷はいただけないので釣りを中止。
この時間が長かった。
弁当船がやって来るもこの豪雨の中での弁当は嫌やなあ。
止みそうにないので仕方なく暖かいうちに頂きます。

2時間くらいすると雷が大人しくなって来たので釣りを再開。
休んでる間に潮が変わってる。

エサの取られ方を見ると思いのほか深いタナで食ってる感じ。
一気にタナまで入れないとエサ取りのエジキなんで仕掛けを変更。

この頃になると潮とは逆の風が吹き出し、仕掛けを上手く入れ込めない。
一段上に上がったので手前のシモリが邪魔で早くなじませないと間に合わない。
何となくタナは解ってるのに上手く操作が・・・歯がゆいなあ。

上手く入ると『そろそろ来るか?!』ってところでチヌ!
『ここでも来るか?』でイサキ。
そして、口太やカワハギ・フエフキまで!

良い感じになって来たぞ!・・・あれ?船が来た!
と言う事で今日はここでお終い。
天気が悪ったので今日は通しのお客さんは居ない様なので私もここまで。

今日も難しい一日でしたが、豪雨の中の修行で忍耐力がかなりアップしました(笑)
207.9.10 三重県志摩市 中潮 オオモンハタ
アカハタ
カサゴ
カマスなど
今久しぶりのソルト。
夏は大好きなんですが、日中の暑さが半端無い日が多くて休んでました。

今回はカトチャン、ナオジーさんと3人での釣行。
天気は良さそうなので前日から楽しみにしてたんですが、沖に出るに従い予想外の大ウネリ。
潮の動き、風の強さは完璧。このウネリさえ無ければ釣り易いんですが。

沖に出て暫くすると空が真黒になってきました。
レーダーで調べると御座沖上空のみの局所的な雨。暫くブリッジで雨を回避。

南張方面20mラインでヒラマサの目撃情報が有ったんですが、そちらには目もくれず神の島方面に。
ウネリは大きくなりますが、水深が確保されるので釣り方が選べるかなと。
自分だけなら決め打ちしますが、多人数となるとそれぞれ釣り方が違いますからね。
色んな釣り方が有ると色んな魚が釣れるので楽しいですよね。

9月にはなりましたが、沖にはペンペンシイラやトビウオ、サメが背びれ立てて泳いでます。
水温は随分下がったんですが、まだまだ夏を引きずってるようです。

この日は御座沖〜神の島〜大島など回りながらとなりました。
ナオジーさんはジグでエソの数釣りなんてしながら楽しそう。
ヒメジやフエフキが良く釣れた日でしたね。
フエフキじゃなくてメイチだと良かったんですが、竿が良く曲がった日となったので何よりです。

帰り際には目標の一つカマスを狙いに。
サイズが大きいのでサビキに5匹も付けばドラグが出るほど・・・。
30分くらいでしたが、釣果も十分で満足。

年内はまだ何回か行けそうなのでモイカ狙いで出てみたいですね
2017.10.10 三重県南伊勢町
奈屋浦
中潮 モイカ
今年のエギングは釣果有り→0→0→風中止とまあひどい内容で・・・
今回やっと良い天候の中でのエギングとなりました。
エギング日和の凪日和で気合は自然と入ります。

朝一幸先良く同行のタカヤくんがヒット!
今日は調子が良いかも・・・何て思いましたが、この人が釣れる時って他の人が釣れないんです。
反対にみんなが釣れてる時には釣れない人なんですよね。

天気が良すぎて風も無く、思ったほど潮も流れず船が流れません。
この時期なんで広く探った方が良いと思うんですが困りました。

船頭さんも頑張っていろいろポイントを回ってくれますが、期待に応えることが出来ません。
タカヤくんが300gクラスを3杯、自分が300g、600gをそれぞれ1杯の計2杯
数の秋烏賊狙いなのにこの貧果。
悔しいやら情けないやら・・・

エギングってもっと楽に楽しくって釣りだったのに、すっかり高級な釣りになっちゃいましたね。
ここ過去3回の事を思えば顔が見れただけでも良しとするしか無さそうです(笑)
2017.11.27 三重県尾鷲市
梶賀
長潮 イナダなど
2017-2018シーズン始まりました。
本日は梶賀 勝三屋さんです。

向かった磯はヨコゾノ2番
沖向きに釣り座をとると風は左前から強弱をつけて吹いてきます。
ちょっとやり難いかも。

足元にパラパラとマキエを入れてみるも魚らしい姿は皆無。
水温的にもうちょっと見えるかと思ってたのにちょっと予想外。
仕掛けが足もとの潜り潮になじみ始めるとアタリ!
タナはかなり入ってから。
さあ、魚は何でしょう?・・・フエフキです。
このまま暫くはフエフキの猛攻。

弁当船が来る頃にはすっかり海の様子は変わり、潜り潮の早さが弱くなってきました。
こうなると仕掛けの馴染みも悪くなり、魚へのコンタクトも難しくなってきてます。
獲る事よりここは掛ける事を優先して思い切ってラインを細く。
するとやっぱり馴染みがアップ。
糸の抵抗って大きいんですね。

ここでラインを引きずり出すひときわ大きな当たり!
ライン細くしてるから心配してましたが、魚は沖へ・・・青物か?!
沖で十分弱らせて大人しくなってから無事タモ入れ成功。
丸々した美味しそうなイナダ。
実際、脂まるけですっごく美味かった魚でした。

まだいけるか?と思ったんですが、今日はこの魚を最後にパッタリ反応が無くなりました。
船が迎えに来るまで長かったあ(笑)

小型でも本命の顔が見たかったんですが、本日は残念ながら会えませんでした。
他の磯でも小型は少々出たらしいですが、状況はほぼ同じ。
シーズン始まりでまだ水温も高く変動も大きいのでこんなもんですかね?
予想より寒くなくて快適に過ごせたのが一番だったかな。
2017.12.3 三重県南伊勢町
相賀浦
大潮 18.6℃ グレ 30cmまで
カサゴ
カワハギ
今回は釣友のシバちゃんとの釣行
場所はシバちゃんのホームグラウンドの相賀浦
事前の話ではまだ水温も高く、フグ・カワハギなどのエサ取りの活性が半端じゃないらしい。
40本以上の針をロストしたとの話も・・・こりゃあ厄介だ。

渡磯したところは『ソバ島』相賀浦では比較的大きな磯です。
大きさの割に釣り座は2か所ほどですかね?
チャカ場にシバちゃん、表向きに自分が入らせて頂きました。

沖目の大きなシモリとその水道。それと磯際が狙い場所でしょうか。
磯際は話通り、エサ取りがすさまじい。
仕掛けが馴染む前にすでに見つかってるようで針がみるみる少なくなっていきます。
何とかエサが残る場所を探して遠投などやってみますが、フルキャストしての場所でやっと残る程度。

遠投はしてみるものの、ここはやっぱり磯際がメインの釣り場。
沖目での反応は有りませんね。

竿1本くらいのところで潜り潮を見つけ、重点的に攻めてみます。
もちろん足元には絶えずマキエを欠かさず。

すると単発ですが、小型の口太が釣れ出します。
たまに小型の尾長も・・・。
数を釣って型を混ぜるって感じの釣りでしょうか。

途中、あまりのエサ取りに場所を休ませる効果も入れて、カワハギ釣りに変更。
シバちゃんも同じ思いで二人でカワハギ釣り。
ここのカワハギは型ぞろいなんで釣り始めたら止まらない(笑)
数匹釣ってオカズも確保したころに根掛かりで仕掛けをロスト。
仕方なく、フカセに戻ります。

時間が経って、潮はすっかり動かない。
それに比例して魚の反応もダウン。
深ーく仕掛けが入ると、たまにグレが釣れ、たまに引きの強い30cmクラスが食ってきます。
しかし、型の方は伸びず今日はここまでですかね。

前回はグレの顔も見れなかったのに今回は30cmクラスまでですが、16匹ほど釣れました。
やっぱりグレの引きは良いですね。

これか水温も下がっていけば、楽しめる場所だと思います。
シバちゃんのおかげで楽しい釣行になりました。
本日はありがとうございました。
2017.12.20 静岡県南伊豆町
石廊崎
大潮 17.6℃ グレ 38cmまで
イサキなど
本日は南伊豆石廊崎『宮島丸さん』です。
昨日は西風ブンブンだったらしいのですが、今日は天気の変わり目でナライ予報。
少しでも風は無い方が有り難い。

船長に誘導されて向かった磯は『ヤクナシ』大根の向かい磯です。
水道がかなり深く水道なので潮が走れば絶好の磯です。
朝はゆっくり上り・・・さあ、どうなるでしょう?!

足元にマキエを打ってみるものの魚の姿は見えません。
ですが、回収したエサは無くなり傷だらけの針。
エサ取りはこの時期共通のフグ・カワハギ系ですね。

少しでも潮の効いてる沖目を狙って流してみるとヒット!予想外のイサキ。
型は小さくなりましたが、まだいるんですね。きっと居付いてるんでしょう。
同じような感じで釣って行くとイサキや30cmクラスの口太が次々ヒット。
パラパラ流して行ってバラバラバラ〜って糸が出ると楽しい。
三重ではなかなか味わえないですから。

潮が下りになってからはチャカ場の沈み根付近を捜索。
するとアイゴやイスズミ・・・狙い物じゃないのが多くなって来た。
沈み根をかわして沖目を流すとちょっと良い引き!
本日最大の38cmがヒット!流石にこれくらいのサイズになると楽しい!
この後も40cmには届かないものの35cmクラスがポツポツと飽きない程度に釣れてきます。

そうこうしてると、またまた潮替わり。
上りのぶっ飛び潮に変わります。この時点で本来は下りの潮だったらしんですが、ここヤクナシではなぜか上りで流れました。

離島並みの潮にテンションも上がりますね〜
ここから小型尾長が混じったり、イサキの入れ食いタイム。
やっぱり潮が走ると魚達は活性上がりますね。

正午くらいにはもう満足。
型的には不満が残りますが、これだけ釣れれば楽しい。
お土産分を確保して他はリリース。

他の磯では強烈な引きに3発バラシとかも有ったようですから、これからが楽しみですね。
暫くはこちらで我慢の釣りが続きますが、ドーンとデカイのを釣りたいなあ。