2017.3.3 150t/s 滋賀県大津市
琵琶湖
8.8℃ 41-46cm 4匹
52cm 1匹
いつの間にか3月です。
2月は結局1度も釣りに行けず・・・。

今日も寒グレシーズン終盤に出掛ける予定でしたが、あいにく予報が悪く断念。
ちょっと早い気もしましたが、我慢出来ずに琵琶湖に向かいました。
気温もさることながら、水温がまだ10℃に届いてない琵琶湖に果たして対応出来るでしょうか?

今年初の琵琶湖『ランカーハウス』のおっちゃん、おばちゃんに挨拶してのスタートです。
今日の放流は150tと昨年に比べて今年は多いらしいです。
雪が多かった事が理由ですかね。
その影響らしく、今年はウィドの成長が遅いらしい。実際、ウィドを探すのに苦労しました。
グラスレイクではウィドの有無が大きいですからね。

おっちゃんの話では自衛隊前のエリの沖にウィドが有るらしいので朝一はここから。
でもね、探してもなかなか見つからないんです。
仕方なく、地形変化を中心に探ってみます。

雨交じりの北風が強く吹きつける中、JHのズル引き中にバイト!
予想外のヒットに合わせが弱かったのか、ランディング直前で逃げられました。
40アップは間違いなんですが真っ白な魚体でした。
朝からこの調子ならまだまだ行ける!って思ったのが大間違い。
ここから迷走の始まり。

ボートの数が増えて来たのでプレッシャーを嫌って移動。
困った時の唐崎沖に移動したものの、ウィドも無ければ魚の反応も無し。

アングラーズの岬やYAMAHAの周りも何だか魚っ気無し。
やっぱりウィドが無いのが辛いですね。
粘れる要素が無いんですよ。

比較的、水の落ち着くKKRに行ってみます。
魚探には映らないものの3.5mラインで引っ掛かり有り。
ちょっと丁寧にJWで探ってるとコン。44cmがヒット!ここの魚もやけに白っぽい魚体。
今年初物なので嬉しいですね〜
これで凸は逃れた!(笑)

ここら辺から風が北になったり、西になったりと落ち着いてくれません。
おまけに強風なんで寒いのなんの。辛いなあ。

再度、自衛隊沖4mラインに移動。
エリ〜エリの間で40アップ3本追加。風が強くて細かい釣りを諦めてメタルの釣り。
冬の釣りはあんまりした事が無いので半信半疑でやってみましたが、面白い。
リアクションの釣りは『ドン!』って来るから楽しいですね。

今回は50アップは無理かなあ?なんて思いながら柳ヶ崎付近で少しヘビーな『ドンッ!』
これは良い型かも?!結構あちこち走り回られましたが、無事にランディング成功。
グッドプロポーションな50アップ捕獲成功!いやあ何度釣っても嬉しい。
体型が良いですもんね。

時計は13:30。ここで気を良くしてストップフィッシング。
今年も琵琶湖のおかげで良いスタートが切れ、ありがとうございました。
今年こそ更にデッカイ魚に遭いたいなあ。(笑)

2017.3.14 - 神奈川県箱根町
芦ノ湖
6.2℃ コーホーサーモン
ブラウントラウト
今回は関東遠征で芦ノ湖です。
毎年恒例の鬼軍曹(ZANMAI小平さん)との釣行です。

今年の芦ノ湖は組合長が変わった事も有るのか、解禁してからも小型中心に頻繁に放流してるようです。今年の秋が楽しみです〜
そんな先の事より今回ですね!

今日は朝から雨が降り出します。それほど寒くないのが救いかな。
晴れるに越した事は無いけど、一日は降らないはず。

小平さんと合流して出船。
キャンプ場前からスタートしようとエレキを踏むと・・・不動。
『あれ?』遠路遥々持って来たのに空になってたようです。
桟橋に戻ってボート屋さんでバッテリーを借りて今度こそ出発。

気にしてるワカサギを探してみますが、なかなか見つかりません。
薄いながらも早川方面で反応が有ったので粘ってみるも異常無し。
ここで『あっ!ライフジャケット忘れた』と軍曹
そして、またまた桟橋へ
自分もついでにトイレでボートを離れてたらカラスが。
バッカンに入れてたカップ麺をやられちゃいました。
良くここに入ってるのが解ったもんだと感心しますが、これでお昼抜き決定。

再度出発。九頭竜に行ってみましょう。
ここは大型の放流魚が溜まるらしいんですが、解禁してから数日が経ちすっかりもぬけの殻。
みんな知ってますからね〜

プリンスホテルまで流してみるも反応無く困ったなあ。
ワカサギすら映りませんから何処にいるんでしょう。

神社前近くから流し始めたところで鬼軍曹ヒット!
40cmクラスのレインボーです!サイズはさておき綺麗な魚。
ボトムにも反応有りとの事でスプーンのズル引きをトライ。
すると可愛いブラウン登場。いやあ、おぼこい顔してます(笑)

今度は鬼軍曹、コーホーをヒット!どうやらここに来て魚が動き出したようです。
自分もZANMAIフラットシャッドを装着。
するとコーホー3連発!小さくても釣れると嬉しいですね。

時間と共にだんだんボートが集まり出し移動。
これが最後の流しになりそう。
再び、キャンプ場前です。
桟橋近くにワカサギらしい反応が有りますね〜チャンス?!

途中から雨は上がったものの、風が強く吹き始め体力を奪ってくれました。
最後の気力を振り絞り頑張りましたが、残念ながら時間切れ。
今日も良く頑張りました!二人で3種目の顔も見れたし、良しとしましょう。
サイズばかりはどうしようもないので次回にサイズが変わるかも知れません。

明日は雪らしいので道路状況に注意して帰路に就きます。

2017.4.6 50t/s 滋賀県
大津市
琵琶湖
12.6-13.0℃ 35-46cm 6匹
50-55cm 4匹
4月は琵琶湖からスタート。
明日、磯を予定してたのに天気が悪そうだったのでこうなったんですが。
今、休みの周期と天気が合わなくて困ります。

先週あたりは琵琶湖も爆発モードに入ってて結構なビッグな魚が出てました。
そのあたりが丁度、土日休みだったんで自粛してたんですよね。

前回から約一か月。まだ好調さは残ってるのか?
天気悪いのも承知で出掛けたので、雨が来るまでにと思い、朝から全力です。(笑)

先日、新たに『G2ストレート』っていうワームを購入したので早く使ってみたかった。
ソルト入りのようで比重が有って琵琶湖では使いやすい。
今日は『止め』が良かったですが、良く釣れました。

ホントは巻いての釣果も欲しかったんですが、朝から曇天無風の状態で釣れそうも無かったなあ。
昼から南東の爆風がやって来たけど、その頃には50UP2本持ってたので落下傘出すのもなあと思い撤収しました。

西側はアングラーズ〜浜大津、東は北山田まで見て来ましたが、唐崎〜浜大津までの間が良かったかな。
それより北側は魚っ気も無く、ウィドも感じられませんでした。

東側には船団が有ったんで見に行ったんですが、放水の量が50tという事で湖流をとりに行ったんでしょうか?
結構、長い時間も船団は出来てましたが、どーだったんでしょう?

本日は朝から全力ってことで苦しい時の唐崎に一番で入って50UP捕獲成功。
凸が無くなったのと50UPが獲れたダブルで嬉しかったなあ。
おかげで色んな場所も見に行けたし、やっぱり朝一はメンタル的に重要です。(笑)

もう1本は柳ヶ崎。
ここも良く助けてもらってる場所ですが、突然だったんでビックリしました。

自衛隊前は今日も魚は濃かった。
ベイトの反応も多いし、魚っ気は一番でしたね。

今年も滑り出しは良い感じなので待望の60を何としても捕獲したい!今日この頃です!

2017.4.14 150t/s 滋賀県大津市
琵琶湖
12.0-13.1℃ 40-48cm 6匹
50-55cm 5匹
昨日、磯に行ったばかりなんですが、筋肉痛の体で今日は琵琶湖。
この春は天候不良が休みと合うことが多いのと、GWがこの先に控えてるので行ける時に行っておこうと。

ランカーハウスのおやっさんの話では、先日11日に爆弾低気圧が通過した後から魚の位置が少し沖に出たようです。
ウィドの生育は前回と変わらず、水温もほぼ同じ。

朝は4.5-5.0mラインからのスタート。
前回に引き続き無風での開始です。ですが、10℃を切る気温はさすがに寒い。
早く魚を手にして温かくなりたいもんです。

ウィドが少ないのと水深がいつもより深めなのでラバージグで探ってみます。
唐崎の沖でジグを操作した後、スマホを触ってたら違和感が・・・。
取り敢えず、合わせを・・・ヒット!
結構な引きと重量感、これは良いぞ。
幸先良く、本日も50UPからのスタート。

ボートを入れ直し再度。
今回もステイ長めでヒット。しかし、獲り込み前にバラシ。40UPでした。

次のアタリが問題。
アクションに入ろうとしたら根掛かりしたように思い。
根掛かりするはずも無いのになあと思いながらロッドをあおると『あれ?魚っぽい』
最初はあんんまり暴れずにただ思いだけ。ところが途中から重量感たっぷりに引き出します。
ラインは出されるし、魚は上へ上へと走る。ジャンプさせまいと必死でロッドを水中に突っ込みながら耐えるも沖でジャンプ!
『これはデカイ!ロクマル級!』何とか足元まで来ましたが、今度は下に鋭く突っ込む。
魚を上げようとしたら今度は上に走り出しジャンプ!!
ヤバイ!って思った瞬間・・・軽くなりました。目の前で大きくジャンプされ残像だけが・・・。
思わず膝から落ちましたあ〜
なかなかこういうチャンスは少ないからしっかりものにしないとダメですね。

暫くはショックで立ち直れず休憩。
まあ、まだ時間はたっぷり有るんでまたチャンスが有るかも。
同じ水深を目安に唐崎〜自衛隊〜柳ヶ崎まで釣って行きます。

自衛隊までで1本、自衛隊沖で1本、柳ヶ崎で1本なんと50UP4本揃いました。
今日は何だか凄いですね。大潮の影響でしょうか?
その間に40UPも6匹混じりましたから、凄い。

全て動かさないのが良かったようです。早い動きには付いてこれないのかプレッシャーなのか?
お昼を過ぎたので後1本釣って帰ろうと気分を一新していきます。
この頃、北風が強くなってパラシュートを入れてランカーハウス沖。
『食った!』重量感有りの魚です。引きも重さも十分。

これで気分良く帰れると思ってたのに、ボート際で下に突っ込みまくるので魚を上げにいった瞬間、一気に上昇してジャーンプ!・・・バレた。
スローな動きにしか反応しない時はやっぱり掛かりも悪いんですね。
こんなにバラしたのは久しぶりです。

今日はこんな終わり方でしたが、釣果だけ見れば十分。
次回にまた宿題が残りましたが、頑張ります!(笑)

2017.4.20 250t/s 滋賀県大津市
琵琶湖
14.6-14.7℃ 30-49cm 6匹
50.5-60.5cm 5匹
またまた、低気圧通過後で強風が懸念されたので一日置いての出撃です。
その影響で放水量は更にアップし、250t。魚には良い感じ?

今年はウィドの成長が遅くて、そのせいかブラックの釣果は凄いです。
今年は大型捕獲のチャンスかも?それに前回はらしきサイズにも逃げられたので、今回は気合を入れて臨みます。

朝一はお決まりの唐崎沖からスタート。
今回もなんと50アップからのスタートで幸先良い。食い出した時間が少し遅かった気がしますが、なんとか。
JWの動かした後のポーズ中のアタリでした。その後、数匹釣るもサイズが出なく移動。

KKR〜YAMAHAまで沖・岸寄りと探ってみますが、沖はいまいちの岸寄りはサイズがいまいち。
カネカから上も考えましたが、南っ気の風の為、戻る時を考えて止め。

再度、唐崎沖に入ってからのG2ストレートJWに強い当たり。
重量感たっぷりの引きです!ジャンプさせないように頑張ったんですが、沖で2度ほどジャンプ!でも、今日はバレてません。運があるのかな?
何度も近くに来てからも抵抗されましたが、なんとかランディング。
ひゃあ〜デカイ!久々の60?!ランカーハウスでの計測結果は60.5cm 3440g
ギリですが超えました!前回は2012年何で5年前ですか・・・長かった。

この後も柳ヶ崎までの間で50アップを3本追加するという凄い日となりました。
前回よりもアタリの出方は強くなりましたが、動かしては食わない状況は変わらず。
それにバレ数も同じように多かったです。

水温が示すように前回よりも2℃ほど上昇してるので、ほとんどの♀が産卵を終えた感じ。
スリムになって来ましたね。

そろそろ琵琶湖周りも田植えの時期ですから、水の濁りが心配ですが、今年は何だか調子が良いぞ(笑)

2017.5.19 100t/s 滋賀県
大津市
琵琶湖
20.5-21.5℃ 33-43cm 6匹
50.5-55.5cm 2匹
約1ケ月振りの琵琶湖です。
GWが過ぎて田植えも終わり、やっぱり濁ってました。
泡ブクもあちこちにあって水は良くない感じです。酸欠なのか鮒やらバスの死骸が浮遊してます。
放水量は少しアップして100tと悪くはない感じ。それにウィドが少しづつですが、育って来てますからウィド探しがキモですかね?!

ランカーハウスのおやっさんからは『朝が勝負』って言われてたのに、朝から快晴無風で琵琶湖虫には囲まれるし、魚探にはベイトがびっしりなのに魚は釣れないし、かなり焦ってます。

唐崎の沖で朝から粘ってはみたものの、30cmクラスが2匹だけで時間だけが経っていく。
久しぶりにカネカまで行ったものの反応は無く。
時間を見れば10:30を過ぎてる。お日様は完全に出てるしシェードは無いし困りました。

KKRくらいまで戻った頃から風が吹き出します。
ちょっと沖目からボートを入れてJWで探っていると『コンッ』小さなアタリ。
合わせを入れた瞬間、一気に魚が走る!何処まで行くんやってくらい走りました。
沖で一度ジャンプされたのでロッドを水中に突っ込んでのやり取り。
かなり抵抗されましたが、やっとの思いでネットイン!頭だけ見たら60じゃないかと思うくらいの魚。
この時すでに11:00を回ってます。ヒヤヒヤの一日です。

ここからは自衛隊沖で30cm〜43cmを数匹追加し、再び唐崎沖へ
風が強くなって来たのでスイミングジグを投入。
巻きが少し軽くなったなあと思った後、ロッドをひったくって行くアタリ。
『楽しい〜』こんだけ引いてくれると楽しくないはずがありません。

こちらも無事に取り込んで50.5cm。なんと今日も50UPを2本です。
琵琶湖のポテンシャルに感謝です。

最後にもう1匹釣りたいと自衛隊沖で粘りましたが、バラシが2発とうまくはいきませんでした。
今日は北山田の方にも行ってみましたが、濁りは西も東も大して変化なし。
ボディウォーターに近い東に行ってたらどうだったのか?

いつの間にか水温も20℃を超えてきました。それにしてもウィドがねぇ。
あんまり有っても困るし、無くても困るし、風と同じだ(笑)

2017.5.30 100t/s 滋賀県
大津市
琵琶湖
22.9-24.7℃ 41-47cm 4匹
前回と特に変わった様子も無い琵琶湖でしたが、厳しかったですね〜

東名阪道がリフレッシュ工事に入って少し早めに家を出たものの予想以上の渋滞。
これじゃあ、終わるまで何処にも出れないですね。

朝一を期待したもののガリガリアフターの魚からスタート。
体型は細いですけど引きは強かったから食事は十分とってるみたいです。

唐崎沖からスタートするもあんまり状況が良くないので東側へ
下物〜北山田をまわってみたものの、う〜んいまいち。
ギル当たりは沢山あるけど・・・。

次にカネカ沖まで移動
ポツポツ釣れるもののサイズが伸びません。
YAMAHA〜KKRの3.5mから4.5mを繰り返し攻めるも反応悪し。
折角掛けてもバレる事シバシバ・・・辛いなあ

お昼にはこれ以上やっても好転しそうもないので、道路状況もあれなんで上がりました。

今日は釣れるのはお疲れ気味の魚ばかりで体形の良い魚はあんまり見なかったなあ。
♀の居場所が大きく変わったんですかね?

ウィドも全体的に1Mほどには育ってきました。
今までちっとも無かったから、育ってきたときの対応にまた苦しみそうです。

2017.6.6 100t/s 滋賀県大津市
琵琶湖
22.7-23.6℃ 41-49cm 4匹
40cmまで6匹
東名阪道がリフレッシュ工事も終盤でそんなに混雑せずあっさり通過出来ました。
おかげで余分に多めに取った時間を持て余してました。
それにしても最近、朝晩が寒いくらいですね。日中は日差しが強いので暑いし、気温差が激しくて着るものが大変。

さて、先日の大荒れの日からまだ濁りは残ったまま。今日は東寄りの風なんで西側の濁りは増すばかり。
モーニングバイトを上手く取らないと今日も苦戦しそうです。

朝一はいつものごとく唐崎沖から。
来ました!モーニング!・・・しかし、寸止めの49cmでさらにアフターバリバリで直ぐに帰してあげました。
その後にもヒット!しかし、43cm。
と、今日のモーニングに50UPは顔を出さず、残念。

下物には藻刈り船の大船団が来てるので六本柱の南に移動。
ここら辺はもうすっかりウィドが生えて来てますね。
如何にも釣れそうな感じですが、30cmクラスがポツポツって感じです。

ウィドの薄い場所に有る濃い場所を狙うと40UPがポツポツ。
なのでサイズ狙いにウィドの薄い所に入っては、当たりが恋しくなると濃い場所へと移動の繰り返し。

風は北東で釣り易いし、おまけに乾燥してるので日差しが強くても暑くない。
これでビッグが釣れたら申し分無いのになあ。

結局、前回に続き今回もアジャスト出来ず。
色んなリグを試したもののダメでしたね。14時過ぎに冷ややかな雨風が吹き出したタイミングでストップ・フィッシング!!

一日、過ごし易くて楽しめたのが何よりですね!!

2017.6.12 80t/s 滋賀県大津市
琵琶湖
22.4-22.8℃ 41-48cm 7匹
50.5-52.5cm 2匹
やっと高速のリフレッシュも終了してストレス無く運転。釣りに行く前のストレスはかないませんね。

今日は週明けと言うのにランカーハウスにはお客さんがいっぱい。
琵琶湖の人気を改めて認識する今日この頃です。

おやっさんの話では日曜は浜大津でみんなボコボコやったらしい。
60も混じりで複数匹釣ってる方もいましたから相当良かったんでしょうね。

前回もそうでしたが、藻刈りが盛んに行われてるようで、残ったウィドのあんばいでそうなったらしいです。
そうなると今日もウィド探しがキーでしょうか。

朝一はおこぼれが無いか浜大津に入って見たものの40UPが一匹のみ。
風が弱いうちに移動。

今日は北風が強く吹く予報。朝から肌寒いと思ってるのに北風となると日中も寒いかも知れません。
実際、終日北〜北西の強風でパーカーが脱げませんでしたし、湖面も良く荒れてくれました。

KKR〜自衛隊沖の4mラインにウィドが映ったのでここをやってみます。
ポツポツと40UPが釣れてたまにギル当たりも有ります。
ボートの流され方が速くてリグの底を取りたいのに取れないし、リグを重くすると食いが悪い。
厄介ですわ。

何度か流し直しての唐崎沖で『コン!』と小さなバイト!
合わせた瞬間から大きいと解る引き!かなり糸を出されましたが、無事ランディング成功。
久しぶりの50UP!やっぱこのサイズは嬉しい。

写真を撮っての再開と同時にまたまたヒット!
今回も良い引きです!これまたなんと50UP!!
流石に連続ヒットで腕がプルプル。

良いタイミングで回遊に当たった様です。
まぐれとは言えホント嬉しいですね!

この後は静かになってYAMAHAに行ったり六本柱に行ったりしながらポツポツ拾い釣り。
珍しく釣れた全てが40UP。いやあ、出来過ぎな一日となりました!
2017.7.6 滋賀県大津市
琵琶湖
280t/s 24.5-25.7℃ 40-42cm 5匹
他コバッチ
7月に入りました。前回やっと高速のリフレッシュが終了したと思ったら、今日も工事してる。おかげで新名神に入ってからはスロットル全開!

今回は台風3号の通過後。きっと釣れないだろうと思いながらも、そこは琵琶湖。下心満載で行きます。

雨の心配も無いので朝から飛ばそうと思ってましたが、行く所行く所にウィドが無い!
ツンツルテンで季節が戻ったように錯覚するくらい藻刈りしてある。
ちょっとこれはやり過ぎ?

水温も上がってただでさえ動き回ってる魚なのに付場が無くなったらさらに難しい。
これは苦戦するぞ。
幸い濁りの方は思たよりひどくないのが救いか。

自衛隊沖からスタートし、浜大津で1匹、北山田で1匹、六本柱南で2匹、下物不発、赤野井1匹、六本柱北1匹、KKR沖で2匹と探して拾っての結果でした。

上は42cmと琵琶湖にしてはちょっと寂しい型でしたが、厳しい中でも顔が見れただけでも良かったかな。
沖だけにこだわらず、シャローを含めてウィドを探せば良かったのか?
使ったリグが違ったのか?

ポイント探しも有るし、リグ探しも有るし、バスフィッシングは奥が深くて面白い。
だから、続くんでしょうね。
また、バスフィッシャーマンが増えて来てるような気がするな
2017.7.18 滋賀県大津市
琵琶湖
30t/s 29.0-29.5℃ 40-45cm 6匹
他コバッチ
まだ、梅雨明けには至ってませんが、この猛烈通り雨は梅雨明けしてる証拠でしょう。
って事で琵琶湖です。
個人的には最近デカイのを釣って無いので自信全く無し。
なのに足が向くのはどうしてか?!(笑)

朝は比較的涼しいものの風が無いのでやりにくい。
と思ってたら南が吹き出し、お昼前に通り雨で車に退散。
雨が上がったら今度は南の爆風〜北の爆風
釣り辛いったらありゃしない。

おやっさんの話では『ミドルレンジよ!』との事なのでそこら辺からスタート。
朝一にボート屋沖で40アップからのスタートで今日はいけるのか?なんて思いましたが、取り越し苦労でした。

KKR-自衛隊-浜大津-北山田-六本柱などを調査。
ポツポツと40アップは釣れるんですが、以上のサイズが出ませんね〜
まあ、もともとラッキー釣りなので狙って獲れるほどの腕は持ってません。

それにしても回遊者を狙ってるのに居付き者ばかりで・・・。
そのせいか、食いが浅いし、追い気も無し。引きは強いんですけど。

放水量もチョロっとなんで風が吹いたら変わる!って風を待ってたけど、そこまで吹かなくても・・・って風で戦意喪失。

13時過ぎに本日最大を釣って納竿としました。
何か良い方法ないかなあ?
2017.7.24 三重県熊野市
七色ダム
25-27℃ 35cmまで20匹ほど
この時期には決まって訪れる七色ダム。今月に入ってフレッシュの釣果がいまいちなので気分転換も兼ねて行って来ました。
さすが、朝は涼しくて気持ちの良い出発です。景色も相変わらずで清々しい。

湖面は50cmほど下がったらしいですが、いつもの七色に比べると多い。
クリアな感じは良いですが、果たして魚の居場所は・・・

釣り慣れた大又目指してスロット全開!あちこちに流木が有って危ないなあ。
大又に入ると・・・あれ?濁ってる。
ミノーを投げながら流して行きます。ここぞと言う場所にはソフトの用意もしてます。

暫く流してみるも反応が無い。エリアが違ってるのか?この川筋に入ってるボートもいつもより少ない感じ。
クリアなエリアを探してみますが本流にかなり近づいた場所まで行かないとダメです。

立木や水中ブッシュなど目に見えるストラクチャでは小バスが元気良くアタック!
なかなか30cm以上の魚が見つかりません。たまに見つけても逃げるの早っ!!

本流筋に入って遠目からビッグベイトやスピナーベイトの表層巻きにワラワラと良いサイズの魚がチェイスしてくるようになりました。
ちょっと釣り方が合って来たのかも知れませんが、ヒットまでいかないなあ。

もうちょっとシャローに居てくれても良いのに今日は深いのか?
深いのなら下からドーン!!って来てくれても良いのに。

壁際にジグ、立木にジグなんかも試してみましたが、フォールには反応無し。
ゆっくりノーシンカーでもダメ。

こりゃあ、ダメもとで表層近くをサーチしてくしか無さそう。
ミノーやシャッドで数釣りは出来てますが、サイズが伸びない。

一回だけビックリするような魚をヒット!ドキドキしたんですが、引きがおかしい。
トルクが有り過ぎ・・・やっぱり。
鯉のスレ掛かりでした!

昼過ぎになるとお空の様子が変わって来ました。
雨のギリギリまでチャンスと思って頑張りましたが、更に小型の活性が上がっただけ。
雨が降り出したタイミングで早々に諦めて上がり!

いつも目に見ながらの釣りが中心となるので、今日みたいな日はダメですな。
水中を思い描きながらやってみるも立木など水中障害物が多くて釣りにならなくて降参。
琵琶湖慣れしてきたのかリザーバーが苦手になって来た感じです。(笑)
2017.8.23 滋賀県大津市
琵琶湖
150t/s 29.7-31.5℃ 43-49.5cm 6匹
53cm 1匹
およそひと月ぶりの琵琶湖です。大きな台風が来てからお盆休みを挟んでちょっと落ち着きましたかね?
すっかり日の出も遅くなり秋へ進行中ですが、湖中はまだまだ夏らしい。

放水量もそこそこ有るので六本柱からスタート。
自衛隊から柳ヶ崎沖まで森があるみたいで船団はそちらに出来てます。

幸先良く、1発目からパンチショットに49.5cmがヒット!これは今日が楽になります。
船上では50UPだと思ってましたから(笑)

船団には突っ込めないので北山田方面へ移動。
40アップ混じりで小型がポツポツ。大型を探して自衛隊前、プリンス沖と移動するも大型は出ず。
東側は例年通り水が綺麗で台風の濁りは解消されたようです。

下物方面に移動してみたもののバイトが少なく、当たりが恋しくなって唐崎沖に移動。
ウィドがちょっと乏しくて粘る場所では無さそうでKKR沖に移動。
一発良い当たりが有ったもののウィドに潜られてブレイク。
もうちょっと丁寧にやりとりすれば良かったなあ。

この頃になるとキープした魚のサイズが気になりだして完璧な50UPが欲しくなります。
釣り人は欲張りですね〜

そんな心を読んでか、適度な南西風だったのが急に北風に変わります。
良い風が吹いて来たと思ったのも束の間、みるみる爆風に変化。

こりゃたまらんとYAMAHAワンドに入ります。
するとここで当たり!久しぶりに良い引きです!
しかし、ウィドに潜られ爆風にも邪魔されてのラインブレイク!チモトから切れてました。完全に自分のミスですね。

ちょっと落ち込みながらもまたキャスト!
気落ちしてところにまたドカン!今度こそと丁寧に丁寧。
50UP確実な魚が見えてさあランディングと思ったところで魚がダッシュ!
足にラインが引っ掛かってプッツン。気持ちもプッツン・・・。

連発で来てるのに連発でバラシはきついなあ。
そうは言っても仕掛けを入れないと釣れないので再度・・・また来た!
半分やけ気味に強引に寄せに入ります。ウィドなんかに邪魔させない!
前2発に比べれば全然寄って来る。
やっとキヤッチ成功です。この魚が53cmだったんで、このサイズのスクリーングだったんでしょうか。

逃がした魚は大きいと言いますが、きっと大きかったと思います。残念。
この時点でまだ13:00でしたが、良いところで終えようと帰路に就きました。

今日はいつもにまして早く帰れると思ってたのに、高速のトンネルでまさかの電球交換大渋滞。
こんな事ならもうちょっとやっても良かったかなあ。
いやいや、久しぶりに50UPが獲れて良かった良かった。
2017.9.4 滋賀県大津市
琵琶湖
15t/s 25.6-26.0℃ 49-43cm 10匹
40cmまで11匹
早いもので9月です。
まだ、夏に居て欲しい気持ちいっぱいですが・・・。
本日の放流量は 15m3/sとほぼ池状態です。

日差しが有るとまだ流石に暑いですが、朝は涼しくなりました。
魚が動き回るこの季節は苦手です。
放水量が少ないですが、動きはどうでしょうね?

結果的には苦手のはずが、今日は珍しく数が出て40アップが10匹と以下が11匹と数的には満足。
しかし、ここは琵琶湖、肝心のサイズの方は・・・残念ながら寸止めの49cmが3匹・・・(笑)

いつもは陽が出てから風が出るのに、今日は一日を通してソヨソヨって感じ。
もうちょっと風が出てくれたら変わったと思うんですが、いつもの事ながら極端な琵琶湖です。

前回終盤にSSが良かったので、風を期待してライトテキサスを準備してたんですが、いまいち。
JWでポロポロ釣れるものの、横の動きでは無さそうでパンチでサイズが出ました。

秋の入り口って事で色んなリグで釣れます。
その中から正解を探すのが難しい季節ですね。

今回は自衛隊〜六本柱〜YAMAHA沖〜唐崎と前回よりは狭い範囲に絞りましたが、もうちょっと広く探るべきだったかと反省。
今年残り後数回、尻すぼみにならないように頑張ります!(笑)

2017.9.29 滋賀県大津市
琵琶湖
50t/s 21.7-23.2℃ 40-51cm 4匹
40cmまで 2匹
昨日、サバルの28会に出席予定でしたが、天候不良のため中止。
回復予定の本日は強風予報で悩みましたが、折角の休みなので琵琶湖に出撃。

やっぱり風はきつくておまけに朝と日中の気温差も激しく釣りには厳しい日でした。
ただでさえ苦手な季節なので果たしてプラスに働くか・・・

西寄りの強風なので今日は西側ピッタリで動く予定なし。
西側だけでも十分魚は居ますからね。後は運のみ。

11:00まではアタリも無く、ヤバイ感じが出始めますがKKR沖でやっと40UP!!
得意のJWには反応無く、チャターに来ました。最近はチャターが当たりルアーらしいですが、まさにそれでしたね。

一気にカネカまで上がって唐崎までで40UPを含めてポツポツ釣れ出します。
ちょっと水温が上がり始めたくらいから食い出しました。

そしてランカーハウス沖の3.5mラインでやっと引きの重いのが来ました。
慎重にやりとりしてネットイン!お昼を回ってやっと50UPです!
この魚もチャターでの魚。プロポーション的にはもっと有りそうな感じでしたが51cmの魚。

ここから更に南下しながら浜大津までやりました。
途中、アタリは有るもののヒットしなかったり、バレたりと良いヒットは少なかったなあ。
いつものごとく14:00には沖上がりとしましたが、やっと50UPは出たものの数もいまいちって感じでした。

今年も後何回来れるか解りませんが、追い込みの季節になってきました。
2017.11.21 神奈川県箱根町
芦ノ湖
ブラウントラウト
今年もフレッシュの〆は”ZANMAI小平さん”との芦ノ湖釣行です。
春はボートで小型が中心でしたが、今回はどうでしょう?

朝一は立ち込みからの開始でこれでダメならボートに乗って、それでもダメなら夕まずめの立ち込み、それでもダメなら翌日の早朝立ち込みの予定!
何とか早いうちにキャッチしたいなあ。

天候はというとベタ凪。単なる観光なら最高の天気なんですが、釣りとなると気配を消すためにも風が欲しいところです。

不安な気持ちのままテクテク歩いて目的地に到着。
先に陣取ってたお二人に声を掛けて入れてもらいます。
開始時間と共にさあ、開始!小平さんはガイドに徹して見守ってくれてます。
この気持ちに何とか応えたいなあ(笑)

と、この二人の熱気に押されたのか開始数投目に怪しげな当たり。
自分:『ん?』
小平さん:『当たった?』
自分:『底かな?』
小平さん:『絶対魚だよ!』

半信半疑な中、またキャスト!
すると・・・来ました!トラウト特有のあの引き!
まだ明るさが少ない中、小平さんがネットを持って待機。
ここでバラしたら・・・鬼軍曹の怒りが・・・
・・・やったあ、無事ネットイン。

カッコイイ狙い通りのブラウントラウト。
ヒレピンの居付きのブラウンでしょうか?綺麗な魚です。
二人でがっちり握手の後、小平さんも自分の釣りを開始。

すると間もなく、あっさりと獲物をゲット。
何か有難味が・・・流石と言おうか何と言おうか(笑)

この後も場所を変えながらお昼まで頑張りましたが、この天候では・・・。
釣れた魚はこの一匹でしたが、大満足。遠路はるばる行った甲斐が有りました。

ノルマを果たした一行は以降釣りもせず観光巡りに出掛けたので有りました。(笑)
今回も鬼軍曹、貴子さんお世話になりました。有難う御座います!