2019.4.21 大潮 三重県志摩市
志摩沖
-℃
-
先月は天候不良でキャンセルとなった、春の乗っ込み真鯛を求めての志摩沖ボート釣りです。

この時期は運が良いとブリやアマダイも釣れると言うので楽しみが多いです。
大型の魚に出会えるチャンスが多いのが特徴ですね。

そんな下心満載で仲間3人で出掛けました。
70-80mラインで朝からタイラバに反応有り。エビテンヤの方が苦戦。
ここらあたりがアマダイのポイントと説明したすぐにタイラバ初挑戦のオスキさんに良型アマダイがヒット!2キロ近くある魚です。

同行者のカトチャンのタイラバにも真鯛らしき魚がヒットするも、敢え無くバラシ。
真鯛の活性はちょっとイマイチっぽいですね。

ここら辺からエサテンヤの方には良型のアヤメカサゴが釣れ出して来て、賑やかになってきました。
岩礁帯ではハタ類の方の良いのも出ましたし、魚種多彩な釣果になりました。

もうひとつの狙いだったブリの顔は見れませんでしたが、オスキさんが唯一の真鯛もタイラバで釣ってくれたので上出来ですかね。

次はモイカかカマスの釣りになりそうです。

2019.4.9 中潮 三重県南伊勢町
方座浦
17.4℃
-
今回は久しぶりに方座浦。お世話になるのは初めての『恭進丸』さん。
磯割は2番でお客は自分だけだったので選び放題。と言っても何処が良いのか良く解りませんが・・・(笑)

兎に角、今日は強風予報なので風裏で楽しみたいと思ってます。
沖磯も心惹かれますが、地寄りで風を避けたいと思います。
で、渡磯した磯は『カザラグチ』過去に大型が良く出てる磯らしいです。

足元からかなり水深が有るようなので楽しみは有りますが、釣れない時に探る層が広いのはちょっと厄介かも。
少しでも風を後ろから受けたいので先端を中心にダメなら奥へと行ってみます。

朝一から鳥山が出て、青物のナブラが出てます。巨大な群れなんでかなり騒々しい。
海が賑やかなのは良いですけどね。
この大きなナブラは昼前にもあって仕掛けが届きそうなところまで来てたんですけどね〜

さて、釣りの方ですが、朝からの強風は爆風となって強さを増します。
おかげで波を押さえてくれてるんですが、強すぎです!
気力・体温を容赦無く奪ってくれるのでかないません。

タナは3ヒロから竿2本まで、軽い仕掛けから重い仕掛けまで色々試しましたが、ドキッ!ってさせられることも無く終わってしまいました。
手の平に乗っかる子供グレが数匹とマクラが釣れたのみ。
難しい時期とは言えもう少し何とか出来なかったかと反省しております。

今回は風表で竿を出せなかったチャカ場側が出来なかった事に悔いは残りますが、やり切ってこれですからね〜
リベンジに燃えてまた来ます!