2019.1.16 若潮 三重県尾鷲市
梶賀
16.8℃
口太 30cm 1匹
今回も梶賀『勝三屋』に行って来ました!
前回の借りを少しでも返してもらおうと思って行って来ましたが、更に輪をかけたようで・・・

今回も向かった先はヨコゾノ方面。
朝は結構冷え込んでましたが、日中には10℃を超えて暑いくらいの天候となりました。

朝から魚の活性は高いようで40オーバーのサンノジにイスが遊んでくれますが、まだまだ水温が高いせいか元気過ぎて1回魚を釣るたびに休憩が必要なほど。
このエサ取りが元気なうちに本命を何とかしたいところです。

天気は良いもののウネリが高くて磯際を狙いたいのになかなか、そうはさせてくれません。
少しウキが沖に流れてシモったまま動かないので根掛かりか?と思って仕掛けを回収し出したところで一気にラインが走ります。
魚はすごい勢いで左の根の方へ!!
居食いをしてたんですね〜完全に意表を突かれました。
何とか魚を止めたもののやっぱり主導権を渡したままでは・・・
ハリスの半分くらいのところからラインブレイク!
仕掛けを張りながら流したいところだったんですが、張るとウネリで仕掛けが浮き上がるのでフリーにしてたのが敗因か。

前回かららしい魚は掛けてるのに捕れない自分が情けない。
ここからは仕掛けを変更し、磯際狙いを徹底します。

仕掛けを張りながら、南方宙釣りみたいな恰好で常に集中。
時折来る大きなウネリや突風にも負けずに集中。
時たまドキってするような当たりは有るもののサンチャンや大きなアカメばっかり。

もう本命の1回当たりよ来てくれ!と頑張りましたが、10時を過ぎると僕の殺気を悟ったのかエサ取りすら姿を見せなくなりました。
エサを1度も取られないまま13:30まで集中しまくりましたが、何にも起こりませんでした。
少なすぎるチャンスをものに出来ないのは非常に悔しい。

9:30くらいに来た30cmの口太が獲れた本日唯一
そう言えばこの魚もウキにあんまり反応が無かったからヒントにしてれば変わってたかも。
五感を駆使しないとダメですね〜


2019.1.9 中潮 三重県尾鷲市
梶賀
17.5℃
口太 30-35cm 10匹
梶賀『勝三屋』に初釣り行って来ました!
朝6:40に若船長の船に乗り込み出船です。で、向かった先はヨコゾノ。
自分的には非常に好きな磯周りなので気合入ります。

水温がまだまだ高くてエサ取り次第ですが、数も狙えるらしいので期待が持てますね。
スタート時はあんまりエサ取りが気にならなかったですが、エサが効き始めてからはボラの大群が押し寄せて来ます。
こんなのをヒットさせたらエライ事です。

タナを3ヒロくらいにして早めにボラのタナを通過させる事に専念しますが、このボラはどうもウキを目指して集まってくるので質が悪い。
マキエでごまかしながら打ち返します。

すると何度か良い当たりを出すのに針に掛からないのが出始めます。
どうしてかなあ?と思ってたら数投後に答えが見えました。
30cmクラスのシマアジなんですね。だから掛かり難いんだ。
このサイズでも高級品なのでお土産に数匹をキープ。
帰って刺身で食べましたが、脂が乗ってて美味かったですね〜流石高級品。

で、肝心の本命の方ですが、V字の割れか沖の落ち込みかに絞って打ち返します。
V字の方での潜り潮をとらえて上手く入ると30cmクラスの口太が掛かるようになってきました。
食いが止まる瞬間にはシラコダイやキタマクラ等が釣れたりして魚はここに溜ってる様子。
タイミング次第で本命かエサ取りに変わるようです。

ある程度楽しんだ後は型ですね。
沖の一段先の落ち込みを丁寧に流して行くとイスやらサンノジといった魚に変わって来ます。
なんかこっちの方が雰囲気が有りそう・・・。

丁度、目の前に太陽が来ての完璧な逆光の頃、ウキもラインも見難いなあと思ってたら・・・来ましたね〜いきなり竿ごとラインを引っ張り出す奴が!
慌ててベールを戻すも勢いでベールをはじかれて爪が割れるくらいの勢い。
すっかり主導権を取られてからのやり取りは厳しいなあ

何とか2発の突っ込みに堪えて魚が止まったので足場を固めてやり取り開始。
少しづつラインを出したり戻したりしながら取れそうな感じになった頃にまたまた大きな突っ込み!
ここでついにハリスが悲鳴を上げてプッツン・・・
残念ですがヘタですから仕方ない。

イスやサンノジなら際には来ないので何とか出来てもやっぱりそれなりの型の本命は大変。
まあ、初釣りから早々上手い話はないでしょうが、掛けたからには取りたかったなあ。

幸いにも今年の梶賀は好調なようなので次回に何とかしたいもんですね。(笑)