2018.4.27 中潮 三重県尾鷲市
梶賀
17.0℃
小型尾長・口太
久しぶりの梶賀。
今年は何かと合ってなかなか梶賀に行けてませんでした。
『勝三屋』さん情報では、良型の尾長が回ってるらしく50cm近いサイズまで出てるようです。
そんな話を聞くと、『ハリスをブチ切られてみたい!』『体ごとのされてみたい!』なんて妄想が働きますよね?!(笑)

そんな当日はGW間際と合ってかお客さんは少なめ。
他船はオベラ方面に向かってるので、自船は神津方面に進行し、自分は三宅に渡磯です。
尾長と言えば三宅と自分では思ってますが、しかしまあこの季節特有のウネリで本命場所には入れそうも無いです。
安全第一で南側の高場で竿出しします。

水温の割にエサ取りはほとんど気になりません。
そんなに厄介な足の速いエサ取りは居ないみたいで、帰ってくる針には噛み跡がくっきり。
本命が現れたらこいつらより先に食うはずと打ち返します。

エサが効き始めた頃にやっと尾長が・・・って10cmじゃ小さすぎ!
それからは飽きない程度に釣れて来るんですが、25cmクラスばかりでなかなかサイズが上がりません。

大サラシの沖の切れ目付近でドンドン仕掛けを入れて行ってもエサは残り、食って来るのは竿2本ほどまでの距離ですね。
タナを決め、忍耐強く打ち返していくも30cmを釣るのが本日精いっぱい。
たまに深く入れて行くとたまにドキッってする当たりが有るものの全てサンノジでした。

こうして頑張ってみるも時間だけが過ぎて行き、ハリスを飛ばされることものされることも無く終了となりました。
もう少し釣り人が居て、マキエが入った方が良かったかも知れませんね。
でもまあ、久しぶりの梶賀だったんで人を気にせずゆっくり釣りが出来て良かったです。

これからは半夜も始まる夏磯に突入。
何が来るか解らない楽しい季節でもあるのでデッカイ魚と対峙したいですね〜


2018.4.2 大潮 三重県大紀町
16.8℃
アイゴ・ボラ・コッパ
今回が今年初、いや今シーズン初の磯釣り?!
年末から年始に体調を壊し、体調が良くなったと思ったら天気が休みと合わなくて今日まで来てしまった。
もう、完全にシーズンは終わってますよね(笑)

そんな感じで今回の錦『坂口渡船』さんのお客さんは少なく、おまけに春特有のウネリで釣れないでしょうね〜

沖に出ると案の定ウネリは高く、沖向きの釣り座はとれません。
米島の裏に入る事となりました。

潮はサラシによるものが大きくて、流れは無さそう。
水温は16.8℃もあるのにエサを撒き始めても姿は見えません。
5:30集合の15:00上がりという事で1.5kのエサを追加で買ってみたものの要らぬ心配でした。

朝の見回り船が来た頃にアタリが有りましたが、竿をゴンゴン叩く魚。
引きだけは楽しめたんですがね。
この頃になるとボラの回遊があって1発不覚にも掛けちゃいました。
そしたら途端にボラは姿を消して行きました。

食わない時は際が鉄則なので際釣りをしたいんですが、そうですこのウネリ。
際をドンドン入れ込みたいのに大サラシで一気に流されてしまいます。
重めのオモリを打って根掛かるまで何度も入れてみますが、ベラすら食わずエサはまるまるん残ってくる始末。

時間が長いからとエギング道具も持ってきましたが、この海況じゃ用無しだし。
釣れてる時は時間の過ぎるのが速いけど、エサすら取られないこんな状況じゃ時間が長くて・・・

際を流してる時に間違って20cmくらいのコッパ尾長が釣れましたが、これでは・・・。
先週くらいは水温が上がって釣れてたようですが、釣り人の数が示すように釣れなくなってるんでしょうね。
来月からは半夜もスタートするでしょうから早く魚達が元気になってくれることを祈りますか!